熱中症に気をつけましょう!

~熱中症の予防と対処法~
  

 熱中症は、例年、梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬ら8月上旬に多発する傾向があります。曇っていても湿度の高い蒸し暑い日は特に注意が必要です。熱中症は命の危険を及ぼす可能性がありますが、予防法を知っておくことができれば防ぐことができます。


熱中症の症状




応急処置の方法

 

お子様や高齢者は特に注意が必要です!

 体温調整機能が十分に発揮できないため、室内でも熱中症になることがあります。晴れた日は地面に近いほど気温が高くなるため、温湿度が高い環境でいることになります。ご家族や周囲の方々も特に気を配りましょう。



 熱中症予防のポイント

 

【暑さを避けましょう】
・扇風機やエアコンで温度をこまめに調整
・通気性の良い服や日傘や帽子の着用をしましょう。
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどを体を冷やす。

 

【熱中症警戒アラートの活用】
・熱中症の危険性が極めて高いと予想される日にテレビやラジオを通じて発信
されます。発信された日には予防行動を心がけましょう。


【暑さに備えて体力づくりをしましょう】

・毎日体調チェックを。※体調不良の日には無理せず休息を!
・暑さに負けないよう食事で栄養をとりましょう。



【こまめに水分補給をしましょう】
・のどが渇かなくても1時間ごとにコップ1杯の水分補給をしましょう。
※1日あたり1.2Lを目安に!
・大量に汗をかいたときは水分補給を忘れずに。



この情報はお役に立ちましたか?

いただいたご意見は掲載内容改善の参考とさせていただきます

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

健康増進課


〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら

富士河口湖町役場 〒401-0392 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
TEL:0555-72-1111(代表)/ FAX:0555-72-0969
開庁日時/月〜金曜日 午前8時30分〜午後5時15分(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

TOP