助成・補助・公募

助成・補助・公募

首都圏から約100キロで楽しめる「日本のいなか」
山梨県富士河口湖町に居住することを希望する方に所有者をご紹介します。
古い建物には古さゆえに良さがたくさん詰まっています。一度ご覧ください。

休日や夜間に、お子さんが急に発熱したり、体に異変が起きたときの受診先です。

富士河口湖町の観光に関する興味深い情報やまちづくり情報などを紹介するかわら版のバックナンバー(PDF版)です。

平成15年4月に町内に開校した、健康科学大学の町関連情報

健やかなお子さんを産み育てるため、妊娠期から乳幼児期の育児に関するサービスを提供します。
また、町で実施している乳幼児健康診査・予防接種等、各種学級・相談等についてお知らせいたします

就学援助制度

学校教育課

経済的な理由により小中学校への就学が困難な児童・生徒の保護者に対して、義務教育の円滑な実施を図るため、学用品費・修学旅行費などの援助をしています。

町では、子どもの医療費の負担軽減を図り、各家庭の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的として助成しています。平成20年4月1日(平成20年度)から、山梨県内すべての市町村において、窓口無料化制度が始まりました。

町では、定住及び二地域居住の促進を目的として、住宅を新築又は購入して定住する新規転入者や、対象要件を満たす住宅団地を造成する事業者に対し、奨励金等を交付する「定住及び二地域居住促進制度」を創設しています。

平成20年4月から子ども医療費・ひとり親医療費の窓口無料化が実施されました。

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳についてご説明します。

高齢者福祉サービスのご案内です。

掛金わずか年額500円で通院1日目から見舞金の対象に。見舞金は1万円から死亡時で最高100万円。家族そろって加入しましょう。

今シーズンはインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が予想
されています。
インフルエンザの流行期に間に合うよう、お早目の接種をお勧めします。

児童手当

子育て支援課

平成24年4月から「子ども手当」が「児童手当」に変わります。

町内には、町営住宅が2団地及び県営住宅が2団地あります。

町営住宅 小立団地(H6築、間取り3DK、部屋数60戸)
     大嵐団地(H18築、間取り2DK・3DK、部屋数各15戸)

県営住宅 河口湖団地(S57築、間取り3DK、部屋数24戸)
     小立団地(H8~11築、間取り3LDK、部屋数60戸)

木造住宅「耐震化支援事業」についての説明です。

富士河口湖町では、季節性インフルエンザ予防接種費用の助成を平成28年度から高校生に1回、中学生以下に2回助成しています。

「子どもを時々預かってほしい!という方(おねがい会員)」と「時々子育ての手伝いができるよ!という方(まかせて会員)」が会員となり、地域の子育てを支えあう会員組織です。

全 56 件      ←前のページへ   |   次のページへ→      1 / 3 ページ