「ジビエ」クラウドファンディングへのご寄附募集中です!

増えすぎた野生鹿の獣害から富士山の環境を守り、鹿肉を地域資源として有効活用して富士山麓をジビエの聖地にしたい!



■ 富士河口湖町では、町としては初めてのガバメント・クラウド・ファンディング事業「増えすぎた野生鹿の獣害から富士山の環境を守り、鹿肉を地域資源として有効活用して富士山麓をジビエの聖地にしたい!」への寄附金を募ることとなりました。

■ 町では、増えすぎた野生のシカによる食害から森林や農地を守るため、シカの個体数を適正な数にコントロールするための管理捕獲を行うとともに、捕獲したシカを無駄にせず地域資源として有効活用するため、ジビエ(野生鳥獣の肉食文化)による地域活性化に取組んでいます。この取組みをより積極的に推し進めるための資金をクラウド・ファンディングの手法により募ります。

■ クラウド・ファンディングによりご支援いただいた寄附金を財源として、「狩猟後継者育成事業」「狩猟用備品購入等補助事業」「鹿肉加工品開発事業」「ジビエ情報発信事業」を実施します。

■ ガバメント・クラウド・ファンディングはいわゆる「ふるさと納税」の制度を適用させた寄附金募集であり、寄附者には町の特産品などの返礼品をお届けするとともに、寄附金は所得税・住民税の控除対象となります。

クラウド・ファンディングを通じて、富士山麓の環境保全とジビエによる地域活性化への応援をよろしくお願いいたします!
◇募集期間 : 令和3年10月8日~令和4年1月7日
◇募集媒体 : 『楽天ふるさと納税』サイト


クラウドファンディング特設ページ(寄附お申込みはこちらから)

事業の課題・背景

増えすぎた野生の鹿による自然環境や生活環境への被害が深刻化しています。
森や農地を守るため「管理捕獲」を行っていますが、ハンターの減少や高齢化、後継者不足などが課題となっています。
町は町営の鹿肉加工処理施設を整備しジビエ事業に取組んでいますが、認知度はそれほど高くない状況です。
 
    富士山麓に生息する野生のシカ          鹿肉加工処理施設

ジビエ・プロジェクトの事業内容

持続可能な管理捕獲を進めるため、ハンターの後継者育成や技術向上に取組みつつ、狩猟用備品購入等への支援も行い、ハンターが意欲的に取組める狩猟環境を整えていきます。
捕獲した鹿の命を無駄にせず有効活用するため、特産品としての新たな鹿肉加工品を開発します。
鹿肉が食べられるレストランマップなどのジビエ情報を発信し、ジビエの認知度を高め、ジビエの食文化を盛り上げます。
 
ハンターの後継者育成と技術向上に取組みます   ジビエの食文化を盛り上げます!
     (画像提供協力:星のや富士)         (画像提供協力:レストラン マノワ)

事業の目標

自然環境の保全と地域活性化が両立するジビエの聖地に!

             (画像提供協力:星のや富士)

寄附金の使い道

  • ハンター及び鹿肉処理者技術向上のための講習の実施
  • 講習用動画の作成といった育成・スキルアップ事業
  • 狩猟用備品購入費に対する補助事業
  • 鹿肉加工品開発製造事業
  • WEBページ及びリーフレット作成などのジビエ情報発信事業

クラウドファンディングへのご寄附はこちらから!


この情報はお役に立ちましたか?

いただいたご意見は掲載内容改善の参考とさせていただきます

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

政策企画課


〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1129(直通)

お問い合わせはこちら

富士河口湖町役場 〒401-0392 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
TEL:0555-72-1111(代表)/ FAX:0555-72-0969
開庁日時/月〜金曜日 午前8時30分〜午後5時15分(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

TOP