65歳以上のインフルエンザ予防接種について

インフルエンザを予防しましょう!
インフルエンザの流行は通常、初冬から春先に見られます。
今シーズンはインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が予
想されています。
インフルエンザの流行期に間に合うよう、お早目の接種をお勧めします。


インフルエンザと普通の風邪の違いは?

普通のかぜ:
のどの痛み・鼻汁・くしゃみや咳(せき)などが中心で、全身症状はあま
       り見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することは
       ありません。


インフルエンザ:
38℃以上の発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などの全身症状が強く、あ
          わせて普通の風邪と同様ののどの痛み・鼻汁などの症状も見られます。
          さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんなどを併発
          し、重症化することがあるのもインフルエンザの特徴です。


インフルエンザにかからないためには?
予防の基本は流行前にワクチン接種を受けることです。また、インフルエンザはイン
フルエンザにかかった人が咳(せき)やくしゃみをすることによって、ウイルスが空気中に
広がり、それを吸い込むことによって感染します。
外出時にはマスクを利用したり、帰宅時のうがい、手洗いもしましょう。
また、十分に休養をとり、体力や抵抗力を高め、日頃からバランスよく栄養をとることも大
切です。



<高齢者インフルエンザ予防接種について>


【満65歳以上のインフルエンザ予防接種について】
 
満65歳以上の方が接種するインフルエンザ予防接種は、予防接種法に基づく定期予防接
 種(B類疾病)となっています。
 B類疾病は接種を希望する方のみを対象とし、個人の発病や重症化の予防を目的として実
 施する予防接種です。
 予防接種はインフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるの
 を防ぐ効果があります。
 接種を希望される方は、予診票に必要事項を記入の上、医療機関にて接種をしてください。

 ※今シーズンはインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が予想
  されていることを踏まえ、国ではインフルエンザの接種時期のご協力
  をお願いしています。
  65歳以上の接種希望者は、10月1日から優先的に接種ができます。
   
詳しくはこちらへ(厚生労働省HP)
     
⇒「季節性インフルエンザワクチンの接種時期ご協力のお願い
  


【接種期間】
 令和2年10月1日~令和3年2月28日



【対象者】
  1.満65歳以上の方(接種日に満65歳に到達している方です)
   2.満60歳以上 満65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の
    機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方
   (身体障害者1級相当)


【医療機関への予約】
  富士河口湖町指定医療機関があります。予診票に同封しましたご案内通知の裏面をご
  確認ください。
  
指定医療機関以外の医療機関で接種を希望される場合は、手続きや確
  認が必要になりますので、接種の予約をされる前に健康増進課に連絡
  をお願いいたします。
  接種料金は医療機関によって異なります。予約の際に接種料金を確認しましょう。


【持ち物】 予診票、健康保険証、接種料金(自己負担分)
 
【接 種】
  接種する医師から予防接種の効果、副反応及び健康被害救済制度について説明を受けて
  ください。予診を受けて体調が悪い場合などには、接種できないことがあります。

【接種料金】
 ・町の助成金は、一律 2500円です。助成は接種期間内に1回限りです。
 ・予防接種を受けた場合は、町の助成金(2500円)を差し引いた料金
 (自己負担額)を医療機関窓口にお支払いください。
 ・接種期間を過ぎた場合は、助成対象外(全額自己負担)となります。
 
 ※今シーズンはインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が予
  想されていることを踏まえ、町の助成額の差額(自己負担分)を山
  梨県が助成する事業「山梨県高齢者等インフルエンザ予防接種促進
  事業」が実施されています。この事業により、インフルエンザ予防
  接種を無償で受けることができます(ただし、接種費用が4000円を
  超える場合は一部自己負担が生じます)
  詳しくはこちらへ(厚生労働省HP)
     
⇒「山梨県高齢者等インフルエンザ予防接種促進事業
  

 
【予診票について】
   ※65歳以上の方については下記の日程で予診票を発送予定です。
  令和2年 9月末 発送:令和2年10月1日現在、満65歳以上の方
  令和2年10月初旬発送:令和2年10月に満65歳を迎える方(昭和30年10月生)
  令和2年11月初旬発送:令和2年11月に満65歳を迎える方(昭和30年11月生)
  令和2年12月初旬発送:令和2年12月に満65歳を迎える方(昭和30年12月生)
  令和2年12月下旬発送:令和3年 1月に満65歳を迎える方(昭和31年 1月生)
  令和3年 2月初旬発送:令和3年 2月に満65歳を迎える方(昭和31年 2月生)

 ※令和2年10月から令和3年2月までに満65歳を迎える方(昭和30年10月から昭和31
  年2月生)で、定期接種としてインフルエンザを接種希望の方は、
必ず65歳の誕
  生日以降に接種してください。
(誕生日の前日が65歳到達日となります)
  65歳の誕生日以前に接種した場合は任意接種となり、助成対象外(全額自己負担)
  となります。

山梨県外のかかりつけ医での接種を希望される方へ
    ~ 予防接種費の償還払いについて ~

山梨県外のかかりつけ医でインフルエンザの接種を希望される場合は、事前に申請し
ていただくことにより、接種費用の一部または全部を償還払いいたします。
事前申請せずに接種した場合は、助成対象外となり全額自己負担となりますので、ご
注意ください。

[対象者]
富士河口湖町に住民票があり、以下のいずれかに該当する方です

(1)里帰り出産等やむを得ない理由により山梨県外に滞在し、町の委
   託契約医療機関で接種ができない方。
(2)かかりつけ医である山梨県外での医療機関で接種することが望ま
   しい方。
(3)その他町長がやむを得ない特別な理由があると認めた方。
                               
      

[対象となる予防接種]
大人の定期予防接種(R2.9現在)
  ○高齢者インフルエンザ
  ○高齢者肺炎球菌
  

[申請の流れ]
 
 予防接種実施依頼書の申請 
  ※事前に申請のない予防接種については償還払いの対象外となります。
     1.接種を希望する医療機関に以下の点を確認してください。
    (1)富士河口湖町民の予防接種を受け入れてもらえるか。
    (2)予診票は富士河口湖町のものを使用してよいか。

  2.「定期予防接種及び法定外予防接種実施依頼書交付申請書」に
    必要事項を記入し、健康増進課窓口に提出してください。
   (郵送による申請も可能です。)

     申請書ダウンロードはこちら
     「定期予防接種及び法定外予防接種実施依頼書交付申請書」PDF
     
 
     【申請書記入例】
     「定期予防接種及び法定外予防接種実施依頼書交付申請書(記入例)」PDF

  3.申請内容審査後、「定期予防接種及び法定外予防接種実施依頼書」
    を交付します。
    


 予防接種の実施
    4.予診票と予防接種実施依頼書を持参し、予防接種を受けてください。
    いったん費用の全額を支払っていただきます。医療機関から予防接種名の記載の
    ある領収書を受け取ってください。
    ※領収書は償還払いの手続きに必要となりますので、大切に保管しておいてくだ
     さい。


 償還払いの申請
  5.「予防接種費用償還払申請書兼請求書」に次の書類を添えて健康増
    進課に提出してください。
   (1)接種した医療機関が発行した領収書の原本(接種した予防接種名、接種費用が
      分かるもの)
   (2)次のア、イのいずれか1点
     ア 
予防接種を受けたことを証明する書類(予防接種済証等)
     イ 予診票の原本又は写し
  
    請求書ダウンロードはこちら 
    「予防接種費用償還払申請書兼領収書」PDF
   
請求書記入例 「予防接種費用償還払申請書兼領収書(記入例)」PDF

    ※申請できるのは接種日から1年以内になります。
    ※償還払いの金額は、接種費用と町が定める限度額(町が管内の医療機関と委託
     契約している金額)のどちらか少ない方となります。県外で接種した予防接種
     費用の全額が支払い対象とはなりませんのでご了承ください。


     令和2年度 償還限度額一覧(おとなの予防接種) 

予防接種の種類

償還限度額(円)

高齢者インフルエンザ

2,500

高齢者肺炎球菌

4,000




高齢者インフルエンザ(予診票の再発行等)の問い合わせ先   

健康増進課 健康増進係 0555-72-6037

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

健康増進課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら