秋の全国交通安全運動


 ~ 秋の全国交通安全運動 ~ 


〔運動期間〕

 令和2年9月21日(月)~30日(水)までの10日間
  【交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(水)】 
  

   
〔運動の重点〕

(1)子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
(2)高齢運転者等の安全運転の励行
(3)夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止
(4)二輪車の交通事故防止

   

 
  
65歳以上が関わる事故が多くなっています
 
 道路を横断する際には
 横断歩道のある場所(近くにない場合は見通しのよい場所)を選びましょう。歩行者用信号機の青が点滅を始めたら、渡り始めずに次の青になるまで待ちましょう。
「止まってくれるだろう」と確信せず、左右の安全を十分に確認し、危険だと判断したらやり過ごし、無理な道路横断は絶対にやめましょう。

 高齢者ドライバーは
 高齢者ドライバーの交通事故も多くなっています。

 身体機能の変化は、年齢を重ねるごとに見られるようです。
運転する際には、体調のすぐれない時は運転を控える、長距離の運転はこまめに休憩をとるなど心がけましょう。

 事故時に「いるはずがない」「いつも来ないから」といった思い込みで、あえて見なかったドライバーも多いことから、交差点では確実に一旦停止し、顔と首をよく動かし、左右の安全をしっかり確認しましょう。

 また、運転に関する自分の感覚と、家族や友達の感覚が異なる場合は要注意です。疲れているときは運転しないなど頑張りすぎないことも大切です。
「高齢者外出支援事業(タクシー・バス補助」も活用できますので、免許証返納について検討してみるのも案かと思います。


 
夕暮れ時に交通事故が多発する傾向

 日没時間が早まり、夕暮れ時に交通事故が多発する傾向にあります。
     
 反射材の活用を 
 夕方や夜間に外出する際には、反射材を身につけ、自分自身を目立たせましょう。

 ライトの点灯
 自転車・バイク・車を運転する際には、夕方早めにライトを点灯しましょう。天候の悪い日には、昼間でもライトの点灯を心がけましょう。

 車のドライバーは、ライトのハイビーム・ロービームをこまめに切り替え、常に周囲の状況に気を配りましょう。


 自分自身を支えられるのは、わずか7キロ程度です。

 自分自身を支えることはできない
 時速50km/hの衝突時の衝撃は、体重の30倍にもなります。

 ・体重50kg ➡ 1.5t
 ・体重10kg ➡ 300kg

 自分を支えることも、まして赤ちゃんを抱っこして支えることも不可能です。大切な家族、同乗者の命をシートベルト・チャイルドシートで守りましょう。


 飲酒運転は、悲惨な交通事故につながります。

 家庭・地域・職場ぐるみで徹底を 
  『運転するなら酒を飲まない』
  『運転する人には酒を飲ませない』
  『酒を飲んだら運転しない』
  『酒飲み運転をゆるさない』
 

  


 9月30日は…

  交通事故死ゼロを目指す日    


 交通事故は一番身近に起こりやすい危険なものです。

 毎日どこかで交通事故が発生しています。 

 驚くことに記録の残る昭和43年から今日までの間、死亡事故のなかった日はないのです。毎日交通事故で亡くなっている方がいるのです。

「相手が止まってくれるだろう」「止まるはずだ」 ではなく、「こちらが止まってお先にどうぞ」 の気持ちをお互い持ちたいですね。
 
 9月30日 は、「 交通事故死ゼロを目指す日 」です。 

 あらためて日頃の交通安全に対する意識を見直し、交通ルールと交通マナーを守るなど正しい交通行動をし、交通事故のない日々を過ごしましょう。

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

地域防災課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1170(直通)

お問い合わせはこちら