AED(自動体外式除細動器)の設置

富士河口湖町の小中学校では、AEDが設置してあります。

 日本では平成16年7月から一般市民によるAED使用が認められて以来、公共施設を始め商業施設などに幅広く整備が進められています。

 一般に「心臓麻痺」と呼ばれていた心停止の多くは、最初の段階では「心室細動」という心臓の痙攣を起こした状態から始まっています。

 呼吸停止・心停止した傷病者には、心肺蘇生(人工呼吸と心臓マッサージ)が必要です。しかし、心肺蘇生だけでは心室細動を起こしている心臓を正常に戻すことは困難です。現在、心室細動に対して最も有効なのが、電気ショックによる除細動です。

 このようなことから、AEDを用いて除細動を行うことが出来れば、心停止から除細動実施までの時間を短縮でき、多くの心停止傷病者が除細動の恩恵を享受できることとなります。

 各学校のAED設置場所をみなさまにお知らせすることで、いざという時に設置場所がわかり、救命のために役立てていただければと思います。 


 AED設置場所

学校名
設置場所
船津小学校
職員室内
小立小学校
職員室南側
大石小学校
職員室内
河口小学校
玄関内
勝山小学校
職員室内
西浜小学校
保健室内
大嵐小学校
職員室入口壁面
富士豊茂小学校
保健室内
河口湖北中学校
玄関内
勝山中学校
職員室南側
西浜中学校
玄関内
河口湖南中学校
玄関(1)
体育館ステージ右側(2)
特別教室理科室前(3)

 

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

学校教育課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6052(直通)

お問い合わせはこちら