通知カード・マイナンバーカードについて

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行により、平成28年1月からマイナンバーカード(個人番号カード)の交付を開始しております。
 皆様の申請に基づき作成されたマイナンバーカードは、地方公共団体情報システム機構から順次、町役場に送付され、順次、マイナンバーカード交付のご案内の通知を送付しております。
 なお、申請をいただいてからカード交付のご案内を発送するまで1か月から2か月ほどかかります。


通知カード及びマイナンバーカードについて
 マイナンバー(個人番号)通知カード と マイナンバー(個人番号)カードのご案内

■通知カード(住民票の住所宛に郵送されます)

  通知カードは、紙製のカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、個人番号が記載されます。個人番号を示すための書類で、顔写真がなく、身分証明書として利用することはできませんが、有効期限はございません。
 なお、通知カードの作成及び通知カードの郵送事務は全国の市町村から委任を受けた「地方公共団体情報システム機構」が行います。

    ・通知カードのイメージ
通知カードイメージ

 転居や転出入、婚姻等に伴い通知カードに記載された内容に変更があった場合、通知カードの裏面に市役所で変更後の情報を記入する手続きが必要です。通知カードにラミネート加工等がされ、直接カードに記入することができない場合は、有料での再発行手続きが必要となりますので、ラミネート加工等はしないでください


 なお、通知カードの紛失、破損等に伴う再発行手数料は500円になります。大切に保管をお願いいたします。

■通知カードの再発行

詳細は「通知カードの再発行」のページをご覧ください。



■マイナンバーカード(交付を希望される方は、申請が必要です。)

マイナンバーカードは、プラスチック製のカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、個人番号、有効期限等が記載されます。顔写真付きで、公的な身分証明書として利用することができます。

 マイナンバーカードの作成を希望される方は、 平成27年11月から送付いたしました通知カードに同封されている個人番号カード申請書等を御利用いただき申請をしていただきます。
 マイナンバー制度の施行に伴い、住民基本台帳カードの交付は終了しましたが、発行済の住民基本台帳カードは券面記載の有効期限まで、引き続きご利用いただけます。
 また、住民基本台帳カードとマイナンバーカードの両方を同時に所持することはできませんので、 住民基本台帳カードを所持している場合は、マイナンバーカードの交付の際に、住民基本台帳カードを返納していただくことになります。 
 なお、マイナンバーカードの作成事務は全国の市町村から委任を受けた「地方公共団体情報システム機構」が行います。

・マイナンバーカードのイメージ
・マイナンバーカードのイメージ

 マイナンバーカードはカードケースに入れて交付いたします。ケースに入れると、カードの記載内容のうち、表面の性別欄と臓器提供の意思表示欄、裏面のマイナンバー欄が隠れますが、マイナンバーを示す必要がない場面で身分証明書としてマイナンバーカードを利用する場合はケースに入れたまま利用できます。マイナンバーを示す必要がある場合のみケースから出して御利用ください。



■マイナンバーカードの申請方法

詳細は「マイナンバーカード(個人番号カード)交付のご案内」のページをご覧ください。


■マイナンバーカードを紛失した場合

詳細は「マイナンバーカードを紛失した場合」のページをご覧ください。

■マイナンバーカードの再発行

詳細は「マイナンバーカードの再発行」のページをご覧ください。

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

住民課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1114(直通)

お問い合わせはこちら