健康増進課

救急車を必要とする人がいます!
救急車の出動件数が増加しており、その内の半数以上は軽症者でした。

平成26年10月1日から高齢者用肺炎球菌ワクチンが定期予防接種ワクチンに指定されました。平成26年度から平成30年度までの5年間は経過措置が設けられており、65歳以上の方に接種の機会があります。平成29年度対象者には予診票をお届けしてあります。

在宅当番医による休日の初期救急診療を実施しています

富士河口湖町では、季節性インフルエンザ予防接種費用の助成を平成28年度から高校生に1回、中学生以下に2回助成しています。

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

麻しん(はしか)が近年全国的に流行しています。麻しんは感染力が強く学校や会合などの集団生活の場で多数に感染が広がることがあります。
また、風しんは免疫のない女性が妊娠中に感染すると、生まれてくる赤ちゃんに先天性風しん症候群が現れる可能性があります。
町では、麻しんの感染予防及び先天性風しん症候群の発生防止のために、対象となる方が麻しん風しん混合(MR)ワクチンの予防接種を希望する場合に接種費用の一部を助成しています。

インフルエンザの流行は通常、初冬から春先に見られます。
インフルエンザが流行する前にインフルエンザ予防接種をお受けになることをお勧めします。

成人・高齢者の健康診断に関するサービスをお知らせします。

介護サービス事業者の申請・届出に必要な書類がダウンロードできます。

介護保険制度

健康増進課


介護保険関係の各種様式がダウンロードできます。

富士河口湖町では平成17年4月にすべての町民が健やかで心豊かに生活でき、元気あふれる町とするための基本理念を定めた健康のまちづくり条例を制定しました。「富士河口湖町健康のまちづくり計画」はこの条例に基づき、町民が自分にあった健康づくりに主体的に取り組むことを目的に策定しました。

食育推進計画

健康増進課

食育推進計画を策定しました。
この計画は、町民のみなさんが生涯にわたって健康でいきいきと生活できるよう、それぞれの立場で「食育」に取り組むための道しるべとなるものです。

第7次高齢者保健福祉計画・第6期介護保険事業計画を策定しました。

平成13年11月1日から利用が始まった高齢者体力づくりセンター「健康プラザ」
温泉各種施設をとおして高齢者の健康づくりを目的とし、いろいろな浴槽や運動スペース等があります。多くの町民の方に利用していただき、健康づくりに仲間づくりにご活用ください。

健康増進課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ    前のページへ 前のページへ