2018年度ホストタウン(フランス)の取り組み

☆2018年度ホストタウン(フランス)の取り組み

         
 
 ホストタウンとは
  全国各地の自治体が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に参加する国や地
  域の「おもてなし」役になるということです。選手の事前合宿や相手国の文化を知るイベ
  ントを通して、オリンピック・パラリンピックを盛り上げていくだけではなく、大会後も
  遊びに来てもらうなど、さまざまな形で交流を深めていこうという国を挙げた取り組みで
  す。
       町では鳴沢村と共同で「フランス共和国」を相手国としてホストタウン申請し、平成28年
  12月9日に登録されました。

 なぜフランス共和国なの?
  本町はアジア圏からの来訪者が多いため、アジア圏を除いた欧米からの来訪者を増やすこ
  とで、将来的に安定した観光振興に繋げるためです。
  また、山梨県もフランス共和国については、ワインや繊維の繋がりなどの総合的な判断か
  ら、先進国であるフランス共和国の受入を優先しております。

 ◆事前合宿を受け入れる競技は?
  トライアスロン・パラトライアスロンです。トライアスロン競技は日本代表チームも本町
  で練習を行っており、練習に適した環境があります。
  ホストタウンをきっかけに町民の皆さんのスポーツへの関心を高め、スポーツ振興を図っ
  て参ります。

   取り組み内容のポスターはこちら富士河口湖町新エネルギー利用促進事業(3,133㎅) 

         




 

 

 

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

政策企画課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1129(直通)

お問い合わせはこちら