あなたも認知症サポーターになりませんか?

認知症を学び地域を支えよう!

あなたも認知症サポーターになりませんか?

認知症サポーターとは?

「なにか」特別なことをする人ではありません。
認知症についての正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して暖かい目で見守り、支援するのが認知症サポーターです。 

自分の出来る範囲で、友人や家族に知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解し、支えになるような手助けをするのが役割です。



認知症サポーターになるためには?


「認知症サポーター養成講座」を受講した人が「認知症サポーター」となることが出来ます。
受講された方には「認知症の人を支援します」という意思を示す目印の「オレンジリング」が渡されます。
富士河口湖町でも今までに2054人(平成29年3月1日現在)が認知症サポーターになっています。

角丸四角形: ☆認知症サポーター養成講座とは
            認知症についての勉強会を行います。この講座は認知症の介護の方法を学ぶものではなく、認知症について正しく理解していただくための講座です。標準テキストやビデオ教材を使って学びます(60分~90分)。講師はキャラバンメイト(専門の研修を受講し、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法を伝える方)です。











☆5名以上の参加が見込まれて、町内であれば出張講座を行います。 
☆講師代、資料代は無料です。
☆開催希望日の1か月前までにご連絡をお願いします。


たとえば… 
地     域:自治会・町内会・老人クラブ・ボランティア団体
企業・団体:商工会・金融機関・スーパーマーケット
学    校:小学校・中学校・高等学校・大学・PTA  など・・・


【問い合わせ・申し込み先】
富士河口湖町地域包括支援センター
(富士河口湖町役場 健康増進課内)    TEL 0555-72-6037

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

健康増進課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら