【感染症情報】新型コロナウイルス感染症について      ~一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施が重要です~

◎新型コロナウイルス感染症について
  ○中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、原因となる病原体が
    特定されていない複数の肺炎が報告されており、中国当局によって暫定的に新
         型コロナウイルスが本疾患の原因と診断されています。
  ○風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、一人ひとりが季節性
   インフルンザと同様に咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要
   です。
 

◎国内における新型コロナウイルス感染症の発生状況について
  ○日本国内での発生状況は、日々増加しています。詳しくは、首相官邸HPでご確
   認ください。
   ◆内閣官房HP「新型コロナウイルス感染症対策」

  

◎新型コロナウイルス感染症ってどんな病気?
  新型コロナウイルス感染症とは?
   過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考え
   られる感染症です。

  コロナウイルスとは?

   人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起
   こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起
   こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMER
   S-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪
   などの重度でない症状にとどまります。
   
   詳細については、国立感染症研究所の情報ページをご確認ください。
   国立感染症研究所HP「人に感染するコロナウイルス」

  どうやって感染するの?
   新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかにつ いては、現時点で
   は、飛沫感染接触感染の2つが考えられます。

   (飛沫感染)
 主な感染場所:学校、劇場、満員電車など人が多く集まる場所
     感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出
             ↓
     別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染

   (接種感染) 主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど
     感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
             ↓
     その手で周りの物に触れて、ウイルスがつく
             ↓
     別の人がその物に触ってウイルスが手に付着
             ↓
     その手で
口や鼻を触って粘膜から感染


◎一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?

 ■新型コロナウイルスに感染しないようにするために…
   
一人ひとりの「手洗い」「咳エチケット」などの
  感染症対策の実施がとても重要です。
   
   (1)手洗い
     ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手に
     もウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理
     の前後、食事前などこまめに手を洗います。
     
     正しい手の洗い方リーフレット

   (2)普段の健康管理

     普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めてお
     きます。

   (3)適度な室温を保つ
     空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室
     内では加湿器などを使って、適度な湿度(50~60%)を保ちます。

     マスクの効果は?
      マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病
      原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状が
      ある人は積極的にマスクをつけましょう。
  
      一方で、予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内
      や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられます
      が、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用すること
      による効果はあまり認められていません。
      咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かな
      い、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

  ■ほかの人にうつさないために
   <咳エチケット>
     くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません
     ので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
      ・マスクを着用します。
      ・ティッシュなどで鼻と口を覆います。
      ・とっさの時は袖や上着の内側で覆います。
      ・周囲の人からなるべく離れます。

   <正しいマスクの着用>
      ・鼻と口の両方を確実に覆う。
      ・ゴムひもを耳にかける。
      ・隙間がないよう鼻まで覆う。


◎新型コロナウイルスに関するQ&A(一般向け)について
   厚生労働省ホームページにおいて新型コロナウイルスに関するQ&A(一般向け)
   掲載されています。情報は随時更新されていますのでご確認ください。
   厚生労働省HP「新型コロナウイルスに関するQ&A」


◎新型コロナウイルスに関する電話相談窓口(コールセンター)が
 設置されました
   1月28日に厚生労働省において、新型コロナウイルスに関する電話相談窓口
   (コールセンター)が設置されました。
   また、1月29日に山梨県においても電話相談窓口(コールセンター)が設置
   されました。
   また、観光庁では外国人旅行者向けのコールセンターを設置しています。

   〇新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(厚生労働省
    0120-565-653(フリーダイヤル)
    【受付時間】9:00~21:00(土日・祝日も対応)

   〇新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル(山梨県)
    055-223-8896
    【受付時間】9:00~17:00(平日のみ)

   〇外国人旅行者向けコールセンター(観光庁)
    050-3816-2787
    【受付時間】24時間(365日対応)
      対応言語:英語、中国語、韓国語、日本語
      対応範囲:緊急時案内(病気・事故等)、災害時案内、一般観光案内
           ※新型コロナウイルス関連の問い合わせにも対応しています


◎新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は…
 「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください
   次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談
   ください。

    ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
     (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
    ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
    ※高齢者や基礎疾患のある方は、上の症状が2日程度つづく場合

   「帰国者・接触者相談センター」でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の
   疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
 
  
「帰国者・接触者相談センター」(富士・東部保健所)
    0555-24-9035
    ※夜間・休日はメッセージにより緊急番号をご案内
  

   なお、医療機関へ受診の際は、マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて
   受診してください。



その他、新型コロナウイルス感染症に関する情報は…
【関係情報掲載ホームページ】
 ◆内閣官房HP「新型コロナウイルス感染症対策」

  ◆厚生労働省HP「新型コロナウイルス感染症について」 
  
  ◆山梨県HP「新型コロナウイルス感染症について」

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

健康増進課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら