【子ども子育て】令和2年度保育所等入所申し込みについて

▼はじめに

令和2年度 保育所・幼稚園・認定こども園への入所申込みの受付を行います。
入所希望する施設や新規入所・継続入所により手続きが変わりますので、ご注意ください。
 
産休明け、育児休暇等で、年度途中に入所を希望される場合もこの時期にお申込みください。
※出生前の状態であっても、お申込みできます。年度途中のお申込みになりますと、定員の関係で入所できない場合があります。


▼まずはこちらから!

『 令和2年版 ほいくしょ ガイド 』 配布中

「少しでもわかりやすく」よりスムーズな手続きのサポートを!
「ほいくしょ」ってどんなところ?
「手続きには何が必要なの?」




様々なお声をいただき、保育所に関する基本的な情報をまとめました。
ご家庭により様々な状況が想定されますので、ご不明な点がございましたら子育て支援課までお問い合わせください。
 
ガイド配布場所:子育て支援課窓口 公立保育所
TEL:0555-72-1174


▼保育所とは
 
保育所は、児童福祉法により保育が必要な児童を入園させる児童福祉施設です。両親の就労、疾病、妊娠・出産などの様々な理由で家庭での保育が困難な状態にある児童を保護者にかわって保育することを目的とした施設です。したがって、施設を利用するためには保育が必要である認定【 保育の認定 】を受ける必要があります。


▼保育の認定について

以下のいずれかの保育の必要事由に該当し、町の認定を受けるものです。

就労(会社勤務・パート・自営業・内職等)
 ※原則週3日以上かつ一カ月あたり48時間以上仕事をしていること。
2 妊娠中、または出産後間もないこと
 ※認定期間:母子手帳の発行から出産後6か月間まで。
3 保護者の疾病、負傷、障害等
4 同居又は長期入院等している親族を常時介護・看護
5 災害復旧
6 求職活動(起業準備を含む。)
 ※認定期間は3か月間。延長はできません。
7 就学(職業訓練校における就学も含む)
8 虐待やDVのおそれがあること
9 育児休業中
 ※通所児童が未満児は出生後1年間まで。3歳以上児は復職するまで。
10 家庭にて未満児を保育している。
 ※入所希望児童が3歳児以上で家庭内で未満児(0歳~2歳)を保育している


▼保育園の申込手続きについて
■新規入所、または転園希望の場合(こもも卒園児、小規模保育施設卒園児も含みます。)

配布開始:令和元年10月1日(火)
締め切り:令和元年10月31日(木)のみ受付

提出先:希望先により異なります。
・町立保育所⇒第一希望先
・認定こども園(保育)⇒ 子育て支援課窓口
・認定こども園(教育)⇒ 希望先

※ご注意ください
 受付時間は10:00~11:30、13:30~14:30のみとなります。

※お申込み方法
こちらまたは子育て支援課窓口にて申し込み書一式を受け取り必要事項をご記入の上提出してください。

■継続入所

配布開始:令和元年10月1日(火)
締め切り:令和元年10月31日(木)随時受付

提出先:希望先により異なります。
・町立保育所⇒通所先
・認定こども園(保育)⇒ 子育て支援課窓口
・認定こども園(教育)⇒ 通所先

※継続入所希望の場合には園を経由してお手続きのご案内をいたします。


■町外施設を希望する場合
町外施設を希望する場合には原則、「両親の就労先がある」などの条件とともに「その内容を証明する必要」があります。また相手先自治体との協議により受け入れ可否が決定されますので、ご希望に添えない場合があります。お申込み方法については上記「新規入所」「継続入所」と同様となります。


■入所希望者が定員を超えた場合
「保育の必要性:指数」により優先順位を決定いたします。優先順位によっては希望の保育所へ入所できない場合があります。近年、町内では特に未満児(0歳~2歳児)の保育所ニーズが高い状況が続いております。「求職活動」の事由では保育所に入所できない場合もありますのでご了承願います。


■公立保育所見学会
10月11日(金) 18日(金)
10時00分~11時30分(予約不要)


 ■申請書類
書類不備の場合には、2次受付となります。2次受付は1次受付の利用調整の結果空きが出た場合のみ実施します。ご注意ください。             
 

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

子育て支援課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1174(直通)

お問い合わせはこちら