議会の原則

議会を民主的、能率的又は円滑に運営していくため、いろいろな原則があります

1 定足数の原則

 会議を開いたり、議決をするにあたって必要とされる出席議員のことで、通常は議員定数の半数以上となっています。


2 過半数議決の原則

 議決をするには、出席している議員の半数を超える賛成者が必要です。
 例外として、3分の2以上、4分の3以上という特別多数決もあります。


3 一事不再議の原則

 いったん議決したら、その会期中に再び同じ事項について議決できません。
 これは、会議を能率的に運営していくためのものです。


4 会期不継続の原則

  町議会の各会期は、独立しています。したがって、その会期中に議決に至らなかったものは、会期の終了とともに消滅してしまいます。ただし、継続して審議するときは、そのことを特に議決しなければなりません。


5 会議公開の原則

 町議会の会議は、原則として公開する(傍聴、会議記録の公表及び報道の自由を認める)ことになっています。
 委員会は、義務づけられていませんが、委員長の許可を受けることにより傍聴することもできます。

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

議会事務局
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-3167(直通)

お問い合わせはこちら