【感染症情報】ノロウイルスによる感染性胃腸炎を予防しましょう!

 ~ ノロウイルスによる感染性胃腸炎を予防しましょう! ~
  
 予防の基本は手洗いです。家庭内での手洗いを徹底しましょう!


◎感染性胃腸炎はどんな病気?
  ○一年を通して発生しますが、冬は特に患者が増加します。
  ○主にノロウイルスの感染により発症します。
  ○手指や食品を介して経口感染します。
  ○主な症状は、おう吐、下痢、腹痛です。
  ○子どもやお年寄りは重症化したり、おう吐物を誤って気道に詰まらせて死亡することがあります
   ので注意が必要です。

◎治療方法は?
  ○抗ウイルス剤はありませんので、対処療法となります。
  ○水分と栄養の補給を十分に行いましょう。
  ○脱水症状がひどい場合には早目に病院を受診しましょう。

◎予防方法は?
  ○特に、調理の前、食事の前、トイレの後には、しっかりと手を洗いましょう。
  ○患者のおう吐物や便には大量のウイルスが含まれておりますので、2次感染を防ぐため、
   おう吐物、おむつなどの取り扱いには十分注意してください。
  ○調理の際は、中心部が85℃~90℃、90秒以上となるようにしっかり火を通しましょう。

   ※手洗いの方法は、下記のリーフレット及び動画をご覧ください
     ◎手洗い方法リーフレット
     ◎ノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗い(動画)

◎おう吐物の処理方法は?
  ○おう吐物はビニール手袋、マスクを着用して処理しましょう。
  ○消毒にはアルコールでは不十分なので、市販の次亜塩素酸ナトリウムを適切な濃度で使用して
   ください。
  ○処理後はしっかりと手を洗いましょう。



【関係情報掲載ホームページ】
 ◎厚生労働省HP「ノロウイルスに関するQ&A」
 
 ◎山梨県HP「山梨県の感染性発生動向」

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

健康増進課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら