社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について




社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは?
 国民一人ひとりに付番された12桁の個人番号(マイナンバー)を、国の行政機関や地方公共団体が同一人物の情報であると確認するための基盤とし、社会保障や税制度の効率性、透明性を高め、国民と行政サービスにおける利便性の向上を図るための制度です。
 富士河口湖町では現在、制度の導入に向けた準備を進めています。また、マイナンバー制度に関する情報は、今後も町の広報紙やホームページ等でお知らせしていきます。


制度開始に向けた今後の予定
 

日程

内容

平成27年10月  マイナンバー(個人番号)の通知
・富士河口湖町に住民登録されている方全員に、12桁のマイナンバー(個人番号)が郵送されます。
住所地で通知カードを受け取れない人は居所情報の登録が必要です。
(詳細はこちらをご覧下さい)
平成28年1月  マイナンバーの利用開始
・希望者には、個人番号カードが交付されます。(顔写真入りの、本人確認書類として使用できるICカードです。)
平成29年1月 個人ごとのポータルサイト(マイナポータル)の運用開始(予定) 
平成29年7月  市町村など地方公共団体等も含めた情報連携が開始(予定)


特定個人情報保護評価(PIA)
 マイナンバーは、同一人物の情報を確認するための基盤という特性から、これまでの個人情報以上に厳格な保護措置が設けられています。マイナンバーを内容に含む個人情報は、特定個人情報として取り扱われます。特定個人情報ファイルを保有しようとする場合又は保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するため、特定個人情報保護評価を実施します。
 特定個人情報保護評価は、ホームページ等で公表することが義務付けられています。富士河口湖町における特定個人情報保護評価について、次のとおり公表します。

評価書番号

区分

評価書名

担当部署

1

基礎項目評価 住民基本台帳に関する事務 住民課

2

基礎項目評価 個人住民税に関する事務 税務課

3

基礎項目評価 固定資産税に関する事務 税務課

4

基礎項目評価 軽自動車税に関する事務 税務課

5

基礎項目評価 国民健康保険税に関する事務 税務課

6

基礎項目評価 国民健康保険に関する事務 住民課

7

基礎項目評価 後期高齢者医療に関する事務 住民課

8

基礎項目評価 介護保険に関する事務 健康増進課

9

基礎項目評価 健康増進に関する事務 健康増進課

10

基礎項目評価 児童手当に関する事務 住民課

11

基礎項目評価 国民年金に関する事務 住民課

12

基礎項目評価 予防接種に関する事務 健康増進課

13

基礎項目評価 被災者台帳に関する事務 政策財政課

14

基礎項目調査 子ども医療費助成金支給に関する事務 健康増進課

関連リンク
マイナンバーについて、詳しくは下記のリンクをご覧ください。
 (内閣官房)(外部サイトへリンク)
特定個人情報保護評価(特定個人情報保護委員会) (外部サイトへリンク)

問い合わせ
 
〒401-0392 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700
   富士河口湖町役場 総務課  電話:0555-72-1112

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

総務課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1111(代表)

お問い合わせはこちら