春の全国交通安全運動

     
『春の全国交通安全運動』

 令和3年4月6日(火)~15日(木)までの10日間

   
【運動の重点】
 1 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
 2 自転車の安全利用の推進
 3 歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上
 4 二輪車の交通死亡事故防止
    

 








  





   交通事故の多くが『自動車対歩行者』によるもの。 
    ほとんどが『道路横断中』に発生! 
        


◇ドライバーの皆さま
 歩行者や他の車両の安全を確認・確保しながら運転をお願いします。
 横断歩道手前での減速、横断歩道における歩行者優先は法律で義務付けられています。
 また、小さな子供は、ドアミラーほどの背丈で、運転席から見ると死角に入ってしまうことがあります。登下校時間帯などは、より一層の注意をお願いします。

◇歩行者の皆さま
 遠くに見える車もあっという間に近くまでやって来ます。
道路横断中の事故は、前半ではなく、もうすぐ渡り終えそうな後半に多く発生しています。周囲がよく見える場所から、安全を十分に確認し、無理な道路横断は絶対にやめましょう。
 



【ハンドサイン運動】

・歩行者:横断歩道を渡る時、ドライバーに手を挙げて合図を送りましょう。

・ドライバー:横断歩道を渡ろうとしている人に「どうぞ」と手を差し出し、合図を送りましょう。

【ダイヤマークにも注目を!】

横断歩道手前にはダイヤマークがあります。ダイヤマークを見たら、横断者がいないか注意し、すぐに停止できるように準備をしましょう。
 



   高齢者の死亡事故件数は、全交通死亡事故件数の約半数!   

◇高齢者ドライバーの皆さま
 交通ルールとマナーを守り、歩行者や他の車両への思いやり運転をお願いします。疲れているときや自信のないときは運転しないなど、無理をしないようにしましょう。



   自転車側にルール違反がある事故が後を絶ちません!    

 自転車は車両の仲間です。
交差点での一時停止、安全確認をしっかり行いましょう。
また、傘やスマートフォン、イヤホン等を使用しての運転は危険です。




  後部座席シートベルトやチャイルドシートの着用率は  
  依然として低い状況です!    


 衝突時に自分自身を支えられるのはたった時速7㎞ほどです。
抱っこした子供も守ることができません。全ての座席で着用しましょう。



  飲酒運転による交通事故や交通違反が発生しています!  

 飲酒運転(酒気帯び運転)は犯罪です。
「しない!」「させない!」意識をしっかり持ちましょう。



  二輪車の事故は重大事故に発展する可能性が高い!  

 スピードの出し過ぎ、すり抜け走行、左側追い越しなど危険な運転はやめましょう。


 




記録の残る昭和43年以降、交通死亡事故のなかった日はありません。
毎日どこかで交通事故により命を失っている方がいます。

~4月10日は、「交通事故死ゼロを目指す日」です~




 

 

関連する情報

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

地域防災課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1170(直通)

お問い合わせはこちら