共済見舞金の請求手続き

共済見舞金の請求手続について
  

 ◆ 請求期間は、交通災害が発生した日の翌日から2年以内です。
 ◆ 請求期間経過後の請求は無効になります。治療継続中であっても2年を経過した場合は請求できませんのでご注意下さい。
 ◆ 見舞金は次の日から請求することができます。
 (1)交通災害で死亡した日またはケガが治った日(症状固定(中止)した日も含む)で事故翌日から2年以内
 (2)入院日数または実治療日数が90日に達してもケガが治らないときは、90日に達した日  

 ◆ 次の書類を、富士河口湖町役場 地域防災課 防災係まで提出してください。
 
 ◆ 書類の費用は自己負担となります。

必 要 な 書 類

死亡

障害

傷害

 交通災害共済見舞金請求書 (様式は役場またはこちらから入手できます。)

 交通事故証明書 〔自動車安全運転センターが発行する証明書:写し可〕
   
 または交通事故の事実を立証する書類
 ・救急搬送証明書 (消防署が発行する証明書)
 ・電車、船舶、飛行機の事故の場合はその所管の責任者の発行する証明書
 
 または交通災害申立書  (様式は役場またはこちらから入手できます。)
      
→交通災害申立書の場合の共済見舞金は30,000円を限度として決定されます。
     ・被災加入者が未成年の場合は記入方法をお問い合わせ下さい。

 診断書 (施術証明書) (様式は役場またはこちらから入手できます。)
  
  〔保険請求等へ使用した診断書の写しでも可能です。〕
 (交通事故が原因であることの傷病名、態様、入通院期間及び日数の記入されているもの。また、写しの余白部分に「原本と相違ない」旨と保険会社等の担当者名・印による証明がされているもの。)
  
  〔あんま、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師の施術は、医師の同意があることがわかる書類を添付して下さい。〕

 身体障害者診断書・意見書および身体障害者手帳の写し  

 
 運転免許証の写し (ご自身で運転していた場合)

 死亡診断書または死体検案書の写し

 

 
 戸籍謄本

 

 
 交通災害共済加入者証

 注)(1)交通災害にあった加入者(未成年者の場合は親権者)以外の方が請求する場合は委任状が必要です。
   (2)ゆうちょ銀行へ送金を希望する場合は、通帳の記号および番号が記載されたページの写しが必要です。
   (3)上記以外にも必要に応じて他の書類を提出していただくことがあります。




 〇 不明な点は、町役場 地域防災課 防災係(72-1170)までお問合せください。

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

地域防災課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1170(直通)

お問い合わせはこちら