富士山世界文化遺産登録

富士山の世界文化遺産登録の目的

富士山は、その壮麗な姿から時代を越えて様々な信仰の対象となり、また、優れた芸術作品を生む母体となるなど、まさに日本文化の源となってきました。
富士山は、私たち日本人にとって、かけがえのない宝物なのです。
この宝物を人類共通の財産として後世に残していくため、富士山体と周辺の文化財(構成資産)を一体のものとして、世界文化遺産登録を目指しました。


世界遺産とは

世界遺産とは、かけがえのない人類共通の財産として国際的に保護・保全し、そして、公開しつつ、未来に残していく必要のある貴重な文化財(文化遺産)、自然(自然遺産)のことです。
世界遺産として認められるのは、いくつかの条件があり審査を受ける必要があります。

世界遺産の種類と登録数(2013.6.24現在)

■文化遺産:
建造物や遺跡、文化的景観など
 タージ・マハル、万里の長城、姫路城、紀伊山地の礼状と参詣道など759件(うち日本13件)

■自然遺産:地形や風景、生物の生息地など
 グランドキャニオン、ガラパゴス諸島、屋久島、知床など193件(うち日本4件)

■複合遺産:文化遺産と自然遺産の両方に登録されているもの
 マチュ・ピチュ保護区など29件(うち日本0件)

富士山世界文化遺産登録までの流れ

□富士山の世界遺産暫定リストへの追加を国に提案(平成18年11月)
   ↓
□富士山の世界遺産暫定リスト登載(平成19年1月)
   ↓ 
□国へ世界遺産推薦書原案の提出(平成23年7月)
   ↓
□国からユネスコへの世界遺産推薦書の提出(平成24年1月)
   ↓
□ユネスコ諮問機関(イコモス)による現地調査(平成24年8月-9月)
   ↓
□イコモスによる評価勧告(平成25年4月30日)
   ↓
□世界遺産一覧表へ「記載」決定(平成25年6月22日)

※詳しくは、山梨県知事政策局富士山保全推進課のホームページをご覧ください。

『富士山世界遺産登録』が実現しました。

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

政策財政課
〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-1129(直通)

お問い合わせはこちら